クリスマスリース作り

 

今年も残すところわずかとなってまいりました。

時節柄、ご多忙のことと存じます。

くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。

 

本日10時からと14時からの2部に分けて

カルチャー教室 ”クリスマスリ―ス作り“を行いました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスリースの リースの由来は

日本語にすると「冠、花冠、花輪」といった意味になり

「輪」が意味するものは「永遠」 「新年の幸福を祈る」

「始めも終わりもない永遠に続く神の愛」だそうで、

そのため昔は特別なお祝い時に使われてきましたが

いつからかイエス・キリストの生誕祭で使われるようになり

クリスマスリースになったとされています。

 

 

作品が出来上がると中々苦戦されたこともあり

皆様から笑顔がこぼれていらっしゃいました。

「家に飾るのが楽しみ」とお言葉を頂きました。

 


 

 

 

 

 

 

 

皆様とても素敵な作品に仕上がっていました。

 

今年のイベント行事も皆様のおかげで

無事に終えることができました。これからもPanasonicリフォームClubを

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ページトップへ戻る